いなば里芋生産組合いなばさといもせいさんくみあい

里芋界で大人気のブランド品種「大和」を栽培
『いなば里芋生産組合』は、8軒の個人や営農組合によって組織されています。約20年前より『JAいなば』の指導のもと、里芋の生産を始めました。2015年は約450aの畑で「大和」と呼ばれる、粘りが強く甘味のある品種を栽培しました。イカと煮たり、田楽にしたりして食べるのがおすすめの品種です。広範囲に農地があるので、それぞれで地質に合わせた栽培を行っています。植え付けは4月中旬から5月にかけて、出荷は10月中旬から2月末にかけてで、『JAいなば』の創造センター、小矢部市内の道の駅や直売所、金沢の市場に卸しています。倉庫には株ごと保存しておき、出荷の段階でS〜3Lまでの6サイズに分類_選別して、磨き作業を行っています。
所在地
小矢部市藤森5130(有限会社藤森営農組合)
TEL
0766-69-8452

「いなば里芋生産組合」の特産品